とある歯科医の何でも言っちゃうよ!?

<平日更新>歯医者が語るみんなが知らないことやオススメのものを言っちゃおうというブログです。

歯医者での保険診療or自費診療??

どうも、更新が遅くなってしまいました。

今日(もはや昨日?)は花金なので、ついつい飲みに行っちゃいました。

今回はみなさんあるあるの「保険診療or自費診療どっちにしようかな」って悩みにお答えしたいと思います。

歯医者の本音

正直に話しますと、歯医者では自費診療の方が利益率が圧倒的にいいんですね。

保険診療は本当に割に合わないんです。

経営のことを考えたらどうしても儲けを出さないといけないのです。

それはどの業界も同じでしょ??

保険診療で儲けを出そう

  • 保険診療で儲け

→患者さんをいっぱい見ないといけない

→予約をみっちり入れないといけない

→どうしても診療時間取れない

→一人一人の診療がおざなりになる

→うーん…

ってな感じの流れです。

自費診療になる

  • お金をたくさん出してくれる、利益率高い

→時間いっぱい取れる

→説明にも時間をかける

→治療にも気合が入る

→質の高い治療

→いいものが出来上がる&歯医者も満足できる治療

→ウィンウィン

となるのですね。

本当に歯医者はみんなこう思ってると思います。

自費診療って本当にいいの?

それじゃ、「自費診療は本当にいいの?」ってなると思います。

これは断言できます。いいものができます。少なくとも保険診療のものよりかはいいものができます。

保険内でできるものやできることって限られてるんです。歯医者がこだわりたくてもこだわれないんです。

見た目のきれいさ、もち、素材や作り方何もかもが違うんですよ。

自費と保険の違いのイメージ

これはてっく先生のイメージですよ。ぼくは患者さんに説明するときはいつもこう説明してます。

イメージで言うと、飛行機に乗ることを考えてください。

目的地に到達するだけならってLCCでも行けるし、ファーストクラスに乗っても一緒じゃないですか

目的地に行くってことだけを考えるなら。

ただ、そのフライト時間が長ければ長いほどLCCならつらくなってきますよね?ファーストクラスなら楽ですよね?

言うならば、保険診療はLCC自費診療はファーストクラスなんです。

イメージできます?

おすすめの自費と保険の境界線

わたしは全部LCCでいいわよって考え方ももちろんあると思います。

逆にわたしは全部ファーストクラスで行きたいって考える方もいるはずですね。

でも一番多いのは多分、LCCとファーストクラス、場合によって分けたいなって方だと思います。

そこで、てっく先生がおすすめする自費と保険診療の境界線を伝授したいと思います。

見えるところ(一番前の歯から4〜5番目の歯)は絶対に自費診療にするべきです。

誰かと話すとき、笑ったとき、人と話すときって絶対お口ってのは見えるものですよね。

そこはこだわった方がいいと思います。特に一番前の歯は完全に見えるとこなので一番いいものを入れるべきですね。

てっく先生なら絶対そうします。

逆に見えないところ、奥歯は保険診療でいいと思います。

歯医者の実情

これだけは断言できます

自費率が高い患者さんほど、歯医者さんはその患者さんを大事にします。

それはどの業界も同じことなんです。

いっぱい買ってくれる、お金を落としてくれるお客さんを店側は大事にするじゃないですか。それと全く同じです。

 

いかがでしょうか?

歯医者の本音をかなり深くまで言っちゃったのでみなさん引いちゃったかな?

でもこのブログは歯医者がなんでも言うってのがテーマなので、記事として書いちゃいました。

関係者が見たらボコボコに非難されそうですが…笑

この記事を見た方が少しでも自費診療というものの素晴らしさに気づけてもらえたらと思います。

 

それでは、今よりもっといいお口の環境になること祈って。