とある歯科医の何でも言っちゃうよ!?

<平日更新>歯医者が語るみんなが知らないことやオススメのものを言っちゃおうというブログです。

おすすめの歯ブラシの選び方(手用)

もうそろそろ半袖で出歩いてもいんじゃないかな?

そんな思いに入ってるてっく先生です。

ちなみに今日も松屋のごろごろチキンカレー食べました。

今までのお話で出なかったのが、歯ブラシのお話ですね。

手用のものから電動のものまで、あらゆるメーカーからすごい種類出てますね。

今回は、歯医者さんおすすめの歯ブラシ(手用)の選び方を紹介していきます。

選び方

  1. 頭(毛先がついてる部分)が小さい。
  2. 毛先が平ら
  3. 毛の固さは普通

これらを守っておけば、たいがい外れはないです。

簡単に言っちゃうと普通の人には普通の頭が小さい歯ブラシが一番いいんです。

頭の部分が大きいと豪快に一気に磨けるので、磨けた気になれるんですが実はあまり磨けてないんですね。

後は見た目と値段のとの兼ね合いで選んでもらって大丈夫ですよ。

毛先が柔らかいものは?

よく毛先が柔らかいものを好んで使う人がいますが、あれは歯周病の方に有効なもので一般の方には柔らかすぎてあまり磨けません。

柔らかさの狙いは、歯ぐきの中を毛先を使ってもっと磨くのだったり歯ぐきのマッサージ効果ですからね。

 

歯ブラシを選ぶときは上に書いてることをぜひ参考にしてください。

これだけの記事じゃつまらないので、もうちょっと書かせてください。

歯磨きの補助道具

前回の記事の中に磨きにくいところがあると書きました。

 

teckdental.hatenablog.com

 「それならそこを磨けるようなものを出せよ!」

はいはい、ちゃーんとありますから安心してください。 

フロス

これはみなさん知ってると思います。

歯と歯の間って意外と汚れ溜まってるんですよ?

この汚れを取るのがまためんどくさいんですが、歯と歯の間ってめちゃめちゃむし歯になりやすい部位の1つなのです。これもまた今度お話しましょうね。

なのでこのフロスっていうのがすごい効果的なんですね。

ぼくもフロスはしてます。

これも各メーカー色んな物を出してますが、正直何でもいいです。ぼく個人的なお気に入りはありますが。

ワンタフトブラシ

これ何だか解ります?最近少し話題になったから知ってる人はいるかと思います。

ワンタフトブラシってものなんですが、これがまぁ細かいところがよく磨けるんです。

こんなものです。

f:id:denteck:20160512005609j:plain

この先を見てください!小さいでしょ?

歯の間だったり奥の隙間とかどんなところにでも入っていきますよ。

磨き残しが多い方はぜひ使用してみてください。

これを使って磨くようになるとお口の中に相当意識高い人だと思うので、むし歯はできないようになると思います。

 

正直、ぼくはここまではしてません。たまに奥歯の後ろを磨くくらいです。

通常のブラッシングとフロスで十分すぎるくらいだと思います。

まぁこんなところですね。 

次回の記事は、電動歯ブラシについて話そうかな?

 

それでは、今よりもっといいお口の環境になることを祈って。